本文へスキップ

店舗情報店舗情報

店舗改装のご案内

日頃よりご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

令和2年10月1日、新型コロナウイルス感染対策工事として
飛沫防止パーテーションの設置工事と換気扇増設工事を行い
新店舗として生まれ変わりました。

リニューアルオープンができましたのもひとえに皆様方のお引き立てと
一同感謝申し上げます。

今後とも皆様から愛される店舗づくりに邁進していく所存です。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

         

2階



フランスの風景画に囲まれたレンガ調のフロア
パーテーションで区切られた半個室がシックで落ち着いた雰囲気を演出します

席数:18
(半個室の場合 最大6名)
   

3階


日本の四季を彩る花鳥図が造る和モダンな空間が
「にっぽんの洋食」をより一層引き立てます

席数:18
(半個室の場合 最大10名)

営業時間

・平日 ランチ 11:00~13:30 (L.O)
    / ディナー 17:00~21:00 (L.O)
・土曜 ランチ 11:00~13:00 (L.O)
    / ディナー 17:00~19:30 (L.O)

定休日

・日曜、祝日

店舗内禁煙のお知らせ

東京都受動喫煙防止条例に基づき、令和元年9月より当店は禁煙となります。
分煙及び喫煙スペースもございませんので、あらかじめご了承ください。

   

昭和25年創業

院長写真

1950年7月5日(昭和25年)、新川に筒井厚惣が妻・文恵、文恵の妹 (越田すみ子)、そして調理場には銀座スエヒロで共に働いていた越田武の四人で「グリル津々井」を開業致しました。
元々、厚惣は銀座スエヒロのチーフとして働いており、独立を致しました。
その際、厚惣はたいめいけん 初代・茂出木心護氏の尽力があり、当店を開業するに至りました。
茂出木氏とはかねてから親交があり、スエヒロのチーフ時代にはたいめいけんの営業において尽力し、二人は親友として交流していました。
1956年5月、厚惣は赤坂に新店を構えることとなり「グリル津々井」から赤坂「津つ井」、新川「津々井」とのれんを分けました。
そこで、創業した新川「津々井」は厚惣の義兄弟である初代・越田武に任される事となりました。
その後、建物の老朽化に伴い、現在の場所へ移転し、2000年11月より二代目として 越田健夫が経営しています。


こだわりのデミグラスソース

院長写真当店のデミグラスソースは伝統を守りつつフランス料理の技法を取り入れることにより、コクと深みとまろやかさを追求しております。
牛スジや複数の野菜などを煮込み裏ごしするという工程を繰り返し、20日間かけて作り出す独自のソースです。
新川津々井自慢のオリジナルソースを是非ご賞味ください。

二代目 越田健夫

院長写真 
~経歴~
 1977年 ホテルオークラ (現ホテルオークラ東京) 入社
      全日本司厨士協会 入会
 1984年 新川津々井 入社
 2000年 新川津々井の店舗を現在の地へ移転し、二代目を就任
 2006年 日本エスコフィエ協会正会員就任
 2009年 日本エスコフィエ協会より、ディミプル資格、ディミプローム、肩章 授与
 2015年 全日本司厨士協会より功労者感謝状 授与

 ~メディア出演~
 TBS「チューボーですよ!」に複数回出演する等、テレビ番組出演、料理紙、
                   ラジオ番組多数出演

takeout.htmlへのリンク